2007年4月29日 (日)

◆ヴェネチアンガラス

15世紀から18世紀にかけてヨーロッパガラス工芸の主役となり、特にルネサンス期の15世紀から16世紀にかけて最盛期を迎え、ガラス市場をほぼ独占した歴史的なガラスの生産地域。同時に各国のガラス工芸にも大いなる影響を及ぼした。ただ、ヴェネチアという都市の形成自体が未だ解明されていない為、起源については定かではなく不明な点が多い。古代ローマ帝国の吹きガラス技術がこの地で継承されていたと思われ、7~8世紀頃になるとその頃のガラス工房跡やガラス片が出土しており、ヴェネチアにガラス製作が定着していたことが判る。また982年には、既にガラス専門の職人のいた文献が残っている。

ガラス産業が大きく発展を遂げるのは、ヴェネチア共和国が地中海貿易などにより政治、経済的に急成長をした 13世紀からである。地中海交通の要であると同時に、西欧、東欧文化の合流点でもあるヴェネチアは工芸文化においても様々な様式を取り入れることが出来た。1224年にはガラス職人組合の存在が、1271年には組合規約の制定が確認される。またこの頃から原材料の管理や操業期問の規定など政府の介入が強化されていった。
そして 1291年にヴェネチアン.ガラス産業における画期的な決定がなされる。ヴェネチア本島の全ての工房が強制的にムラーノ島へ移転させられ、本島市街地での窯の建設が禁止されたのである。当時まだ木造が主流だったヴェネチアの街を火災から守る為と、ガラス職人の国外流出を防ぎガラス製法が漏れないよう監視する為であった。これらの事から、既に同時代、ガラス製造はヴェネチアの重要な基幹産業であった。13~14世紀のガラス製品となると遺例は稀だが、それでもドイツ、ユーゴスラビア、ハンガリーなどでヴェネチアのガラス片が発見されており、各国に輸出されていたことがわかる。

15世紀に入りヴェネチアンガラスは黄金期を迎える。ルネサンス期を背景にしたこの時代の主流は、色ガラスとエナメル彩による技法であった。器の形は金属食器を模したステムの付いた酒盃形状のものが多く、色とりどりのガラスにイスラム色の強い文様が絵付けされた。また6世紀以降ヴェネチアンガラス文化が更に開花する技法の下地もこの時期に開発される。「クリスタッロ」「ラッティモ」の登場である。
クリスタッロ (ヴェネチアン.クリスタル)とは、従来になかった無色透明のガラスで、原料に消色材の酸化マンガンを加える事により透明度が格段に高まり、当時では「水晶のよう」と賞賛されこの名が付いた。ラッティモは当時輸入され人気の高かった中国磁器を模した乳白色のガラスであり、原料に酸化錫などを加え白濁させた。両者ともこの時代では金、エナメル彩による装飾が行われたが、やがてレース.ガラスヘの技法へと結びついていく。

16世紀になると前述したクリスタッロが主流となり、無装飾の物や、ダイヤモンドポイントで点、線刻したものなど透明性を生かしたものが作られ始めた。そしていよいよレースガラスの発明がされる。クリスタッロに細いラッティモの線文様を組み込んで繊細なレース状の文様(フィリグラーナ)を創り出すものである。平行文様(ア.フィーリ)、網目文様(ア.レティチェロ)、ねじれ文様(ア.レトルトーリ)の三種の文様を巧みに使いこなす高度な技術は、ヴェネチア.ガラス職人の秘法中の秘法とされた。また形状も、ガラス独特の線的な美しさと薄さ、軽さを結びつけた優雅で幻想的なものが主になっていく。
この時代にヴェネチアンガラスの興隆は正に極まり、ヨーロッパ市場の 90%以上を独占するほどの繁栄を見せた。以降、北ヨーロッパの各地で「ファソン・デ・ヴェニーズ」と呼ばれるヴェネチアンタイプの模造品が多く作られ、中には逃亡したヴェネチアの職人の手になる物もあり現在でも判別不能ものも少なくない。古文献によるとムラーノ出身のガラス職人はベルギー、オランダ、ドイツ、フランス、更にはスゥエーデンにまで移住が確認できる。それほど、この時代にヴェネチアガラスが与えた影響はただならぬものだった。

ヴェネチアングラスの技巧的特性は原料のソーダガラスに起因する。ソーダ灰を用いて作られるこのガラスは、後に発明されるカリガラスや鉛クリスタルガラスに比べ透明度や硬度は低い。しかし溶融中の可塑状態が長い為、宙吹きの手法に適している。また、ピンサーなどで摘んだり、形状を整えたり、他の溶融中のガラスと接合するなど、自在に成形することが可能である。これらの特性とクリスタッロの透明性を充分に生かして、ヴェネチアのガラス職人は軽業師の妙技(ア.マーノ.ヴォランテ)と謳われる装飾技術を築き上げていった。
17世紀に入るとバロック期の時流とも相まって、職人による名人芸とも言える技巧は華美なものとなっていく。ステム部には色ガラスが用いられ、幾つもの細かいパートを使い、龍、鳥の翼、花など動植吻を具象化して装飾したフリューゲルグラスなどが盛んに創り出されたが、奇抜さや意匠を凝らせば凝らすほど実用性は薄れていった。レースガラスは引き続き花形的存在であり、さらに複雑化した羽毛文様(ア.ペンネ)も登場する。但しファソン・デ・ヴェニーズは各地で増々盛んになり、ヴェネチア国家自体の弱体化も相まって次第にその独占市場を脅かされていく。

17世紀後半以降、ボヘミアを初めドイツ、イギリスの台頭によりヴェネチアンガラスの影響力も徐々に薄れていく。特にボヘミアのカリ.クリスタルガカスはヴェネチア伝統のソーダグラスに比べ、透明度、輝度、硬度に優れておりグラヴィールやカッティングの技法に適していた。その流行の影響に伴い、以前とは逆にヴェネチアでボヘミア様式(アド.ウーゾ.ディ.ボヘミア)のガラスを生産することにもなる。
その後、ヴェネチアンガラスの工房は再び本来自分たちの持つ技法の再構築と更なる洗練化によって失地回復を試みる。また新分野として大型の鏡とシャンデリアの製作では、ヴェネチア独自の技巧を凝らした装飾性の高さで高い人気を博した。
だが 1797 年にナポレオン率いるフランスに占領されヴェネチア共和国は解体、 1806 年のガラス職人組合の廃止によって工場も廃れ、ひとまず歴史を終える事となる。その後オーストリアに、そして新興国イタリアに統合されるヴェネチアのガラス産業の再出発は、モザイクガラスの制作やルネサンス期作品の複製などで新風を吹き込む 19 世紀後半のムラーノ復興運動まで待たなくてはならない。

|

◆アールデコ

アールヌーヴォーが下降線を辿るのと相反するように台頭し、ヨーロッパ、アメリカを風摩した美術様式。アール .デコラティフ(装飾美術)の略語で1925年様式、機能芸術とも言う。最盛期は「アールデコ博」と呼ばれた1925年の現在装飾美術産業美術国際博覧会を中心とした1920~1930年頃。

アールデコは、ややもすると華美、または過度に具象化した表現技法に走りすぎたアールヌーヴォーに反作用するが如く、対照的な美術様式を持つ。機械化文明を反映した幾何学的、直線的なデザインをもち、シンプルな装飾で作品を表現した。また、ガレに代表されるような作者の情感や精神世界を訴える装飾技法を排し、知的でガラスの透明感や明るい質感を生かした彫刻感が強いのも特徴である。アールデコ期においてもガラス工芸は建築、彫刻、家具、服飾、カトラリーなどと並び中心的存在で、美術乍品としての位置付けを認知され続けた。

アールデコのガラス工芸は、ルネ.ラリックを中心に展開される。アールヌーヴォー初期に宝飾作家として活躍したラリックはガラス工芸に転身、彫刻美術品とも言うべき作品を数多く創り上げた。また型吹きやプレス成型による量産体制を確立し、現在ガラス産業の先鞭を担う。更に香水瓶、置物、カーマスコット、室内外のモニュメントなど、ガラスの活用領域を新たな分野に広めた。近代ガラス工芸に与えた影響面では、様式の違いはあれどアールヌーヴォーのエミール.ガレと並び双壁である。
他方、アールヌーヴォーの拠点となったナンシーでは、ドーム兄弟の跡を継いだオーギュスト .ドームが次第に旧様式からアールデコに即した作品製作に転換、引き続き国際的に高い評価を得た。またドーム工房から独立したシュネデール兄弟はナンシーからパリ近郊に工場を構え活躍する。それに対しエミール.ガレを失ったガレ工房は、しばらくは事業的に成功を収めるが遂にガレ様式の作品から脱却出来ず、1931年に世界恐慌のあおりを受け、遂には工場閉鎖となってしまう。
ナンシー派以外では画家から転身、 1925年の博覧会で高評価を受け大成功を収めたモーリス.マリノ、同じく画家出身にてエナメル彩で才能を発揮したマルセル.グッピーと門下のオーギュスト.ハイリゲンシュタイン。また、個人作家としてロブマイヤーにデザインを提供し続けたヨーゼフ.ホフマン、アドルフ.ロース。バカラとデザイナー契約を結んだジョルジュ.シュバリエなどがいる。

アールデコ期の技巧的特徴としては、アール .ヌーヴォーから引き続いて高い人気を保ったパート.ド.ヴェールが揚げられる。この製法は複製生産にも向いており、鋳型を使ったもの、押し型法など様々な成型法が用いられた。また、機械によって作り出した圧縮空気による型吹き成型やサンド.ブラスト法といった新技法もさかんに行われた。カット技法も、時代に即した幾何学的でシンプルな面カットが主流となり、素材にも透明なガラスと並び、乳白色のオパルセント.ガラスが人気を博した。
しかしアールヌーヴォー期と違い、これら流行の中でも時代様式のみに埋没せず、各作家がそれぞれの技法的特徴を持っているのも時代の特徴である。例えば型吹き成型、型押し溶着、オパルセント .ガラスなどは主にラリックが使用した技法であり、アンテルカレールや酸化金属による着色はモーリス.マリノが愛用した。グラール技法はスゥエーデンのオレフェス杜によって完成、使用され、着色に黒色を用いるシュヴァルツロット技法はウィーンを中心にした技法で他地域では殆んど見られない。作家がそれぞれの個性を明確に打ち出した時代であった。
産業史の観点から見ても、この時代に近代的な生産方式を確立たことは大きな意義があった。アール .デコ期においては、大幅な機械化によるガラスの量産が容易となり、ガラス製品は確実に新しい階層、新しい分野へと拡がっていく。また、機械化量産用の工業的製品と、手造り一点製作による博覧会用などの芸術作品が、作家ごとに、あるいは同一作家の中で明確に区分されるようになる。

だが興盛が急激であるほどその反動も大きい。アールヌーヴォーにも共通するが、博覧会の最盛期がそのまま急速な凋落の始まりでもあり、僅か 10 年足らず、第二次大戦を前にその文化様式は姿を消してしまう。しかしアールヌーヴォーからアールデコと系譜する流れは戦後になって、デザイナーと職人側の明確な糞務分化と製作の協同体制、工芸品的な良質のガラスの大量生産と種類の多様化、個人デザイナーの活躍などによるガラス芸術分野の確立、といった形になって現在に引き継がれている。

|

◆アールヌーヴォー

アールヌーヴォーとは 1890~1910年代にかけてフランスを中心に展開され、欧米で流行した新しい装飾芸術活動のことである。最盛期は1895~1905年間(イギリスではモダン.スタイル、イタリアではステイル.リバテイ、ドイツやボヘミア、オーストリアではユーゲントシュテイールと呼ばれる)。1889年のパリ万国博覧会で導火線に火がつき、間もなく爆発的に流行する。1900年の同博覧会では「アールヌーヴォーの勝利」とまで謳われ全盛期を迎え、一世を風摩した。
予兆は 1870年頃のアート&クラフト運動から始まる。これは機械化時代の到来に際して品質や趣味の悪化が工芸作品の分野に及ぶ事を危倶した運動で、中世以来の手作業の重要性を唱えながらも機械化の長所も取り入れ、芸術の大衆化を図った運動であった。また1880年代後半からは象徴主義、世紀末芸術の動向が活発化する。これらの芸術新潮がアールヌーヴォーへとつながっていった。

アールヌーヴォーの意義は、文字通り「新しい芸術」として、過去の伝統、しがらみがもたらす様式の混乱から脱却して、時代や地域の形式に捕われない新しい価値観を模索、確立することにあった。簡単に言うと決まり事を排除し、全ての表現方法や様式を複合したものから新しい創作を生み出そうとしたのである。
従ってルネサンス、バロック、ロココはもとより、イスラム、ケルト、中国、そして日本といった様々な国の様々な時代の影響を受け、芸術の無国籍状態の中から次時代への新しい道筋を切り開いた。特に日本は1867年のパリで初めて万国博覧会に参加するが、その際に浮世絵、陶器、蒔絵などの日本美術がヨーロッパ芸術家に与えた影響(ジャポニズム)は計り知れない。
そしてこの時代、建築、絵画や陶器、インテリアと共にガラス工芸もその重要な一翼を担う。それまで装飾品や実用品の域を脱却し得なかったガラス工芸が、アールヌーヴォー期において「芸術作品」として昇華したことはガラス工芸史の観点から見ても非常に歴史的意義のあることであった。また、時代、地或といった様式ではなく、作家や工房の個々によって形態と装飾を打ち出し始めた先駆けでもある。

アールヌーヴォー期のガラス工芸は巨匠エミール .ガレを中心とするナンシー派によって先導される。ナンシー派とは同地の美術家たちによって結成された芸術家連盟のことであり、公式な結成は1901年であるが、アールヌーウォー初期から活動していた。フランス東部、アルザス.ロレーヌ地方のナンシー村はドイツとの国境近くにあり、侵略、割譲されるなど政治的に不安定な地域であった。その為かパリに対して強い独立志向があり、自治運動も盛んであった。
そしてこの時代、ナンシーの作家たちが創り出す作品は質、量共に一際抜きんでた位置を占めており、パリはおろか世界中を席巻する。主要作家だけでもエミール .ガレ、ドーム兄弟を筆頭にミューラー兄弟、ルイ.マジョレル、ヴィクトール.プルーヴェなど、錘々たる名前が並ぶ。
また、ナンシー派以外では、同じくフランスのパリ派の作家として、ウジェーヌ .ルソーやウジェーヌ.ミシェル、フィリップ.プロカール。ボヘミアのヨハン.レッツ.ヴィトヴェ、アメリカの代表的ガラス作家、ルイス.ティファニーらが活躍する。

ガラス工芸におけるアールヌーヴォーの表現手法の特徴は、自然界の動物、植物がモチーフとして使われ、具象化したものが多い。流動曲線を主とした造形の中に、生命の息吹、強さやはかなさを通じて、象徴性、幻想性、官能性を表現した。一般的に想像されるのは、蝉、蜻蛉などの昆虫や茸、枯葉、並木、海草などのモチーフであろう。特にナンシー派はガラスに装飾するモチーフをより写実的に、生々しく表現することが特徴に揚げられる。
作品製作の技術もこの時代、急速に高まる。ガレによって、マルケトリ、パチネなどの新技法が開発され、ガラス装飾に新たな様式が見出される。また、これまでの歴史のガラス製作に関わる全ての技法を総動員し、応用あるいは複合してガラス装飾に用いられた。製作技術の再構築である。パートドヴェールはローマよりの永い眠りから覚め、サンドゥィッチ技法はボヘミアを経てペルル .メタリックと姿を変える。エナメル彩やカメオ技法はより色彩の複雑さと多彩さを増し、被せグラスはアンテルカレールと更なる進化を遂げる。イスラム陶器のラスター彩技法はイリデセンスと名を変え、また家具製作技法のマルケットリーはその名のまま、それぞれガラス工芸に応用された。これら以外にもアップリケ、アイスクラック、カボッションなど多種多彩な技法が様々な形で使用される。しかし、これらのうち高度な技法の技術の多くは各作家個人一代限り、または一子相伝とされ、現在では製作技法が全く解明できない作品もある。

こうして急激に高まったアールヌーヴォーだが、時流の退潮もまた急激であった。 20 世紀に入るとその衰えは顕著であり、 1902 、 1904 年の万国博覧会では最早以前のような興盛振りは見られなくなってしまった。更に1904 年アールヌーヴォー期の中核、ガレの死去により凋落傾向に歯止めはかからず、やがては自然消滅してしまう。正に世紀末ロマンの象徴であった。そしてアールヌーヴォーの残影が消え切らぬうちに、ヨーロッパでは新たな芸術新潮の動きが活発化する。アールデコ期の到来である。

|

2008年4月28日 (月)

◆ボヘミアンガラス

ボヘミアとは中部ヨーロッパ、現在のチェコ西部あたりの一地方である。 16世紀から17世紀前半にかけて隆盛したヴェネチアに変わり、ヨーロッパガラス工芸の中心を担った。最盛期は17世紀後半から19世紀後半頃。現在においても国の重要な基幹産業であり、伝統的なボヘミアンガラスを創り続けている。

ボヘミアでは 10世紀頃から簡易なガラス玉などが作られており、その後窓ガラスなどの日常品などが生産されるようになってガラス生産地として定着するようになる。14世紀には最初の工場が確認されており、15世紀には20以上もの工場があったという。その後6世紀にはウィーン周辺の北部地或で、幾つもの本格的なガラス工場が開設された。この時代の製品は主にヴェネチアン.グラスを模倣したもの(ファソン.ド.ヴェニス)やドイツのレーマー杯の複製などが中心であったが、1570年以降には他の地域よりも先進的にエナメル彩グラスを生産、またグラヴィール技法が試されるなどもした。しかしこの頃のボヘミアン.ガラスは質量共にヴェネチアはもとより、近隣のドイツ、ネーレルランド地方に及ぶ物ではなかった。
1612年にルドルフII世没後、一時期ハプスブルグ家の庇護も失ったボヘミア.ガラス界は、更に30年戦争により衰退する。しかし問もなく復興、戦後オランダやヴェネチアから多数のガラス職人が流入してきたことにより、かえって優れた技術が導入され新しい工場が多数設立された。この時期もファソン.ド.ヴェニスやエナメル彩、シンプルなグラヴィール製品を生産していが、常に職人たちによって新しいガラス工芸の技法が試されていた。そして遂に1685年、ボヘミアン.ガラスの運命を決定づけるカリ.クリスタルガラス(ボヘミアン.クリスタルガラス)が開発される。

それまでの水晶ガラス (無色透明なガラス)はヴェネチアのソーダガラス「クリスタッロ」が主流であった。中部ヨーロッパ特有のカリ灰を使ったガラス素地によるカリ.クリスタルガラスはソーダガラスよりも「より水晶のように透明」で、厚手で、硬度、輝度も高く、カットやグラヴィールなどの彫刻技法に適していた。つまりガラス独自の個性である「可塑性、透明性」により優れたものだった。以前からグラヴィール装飾に長けていたボヘミアに、彫刻技法に相応しいガラスが開発されたことにより、更に精密かつ鮮明な彫刻が生み出されるようになる。
こうして後期ルネサンスからバロック、ロココ期を迎える 17世紀後期以降、ボヘミア.ガラスはヨーロッパ市場に君臨する。宗教や神話上の人物、動植物をモチーフとした複雑で装飾性の強い彫刻や、繊細な明暗の対比によるドラマティックな表現技法は,時代背景や王侯貴族の趣味とも合致し特注品として愛用されていく。グラヴィール、エナメル彩といった得意分野に加え、黒単色によるエナメル彩、シュヴァルツロット技法といった新分野を生み出した。また1730~50年代にはゴールド.サンドウィッチ技法の大流行もあり、これを創り出せるのはボヘミアの職人だけであった。
更に19世紀に入るとエナメル彩にも大きく流行の変化が起こる。それまでは紋章や文様、簡単な絵付け程度であったが、肖像画や風景画などを写実的に、より絵画的に絵付けを行うようになった。また、ガラスの流行が無色透明から次第に色ガラスヘ移っていくにあたり、ボヘミアン.ガラスも素早く反応する。特に1830年代以降色ガラスが本格的に流行すると、銅赤色の被せグラスのグラヴィーングや黄色のステイニングなどを筆頭に製作、国内外を問わず圧倒的な人気を誇った。その後も更に色鮮やかで手の込んだ被せグラスや、きめ細かいグラヴィールの技法を開発し続ける。

しかしこの頃から、ヨーロッパガラス市場におけるボヘミアン .ガラスの地位は以前に比べ安泰とは言えなくなってくる。ヨーロッパ中央に位置する事もありボヘミア.ガラスは各地に影響を与えると同時に、ドイツ、オランダ、フランス、そしてヴェネチアで模倣され「ボヘミア風」のものが作られた。更に1671年にイギリスで開発された鉛クリスタルガラスがその独自の性質を生かし、19世紀中頃から人気を集めるようになってきた。特にイギリスとフランスの工場が鉛クリスタルを用いて台頭してくる。
またアメリカでプレスガラスの開発に成功、フランスとイギリスも相次いでプレスガラスを導入し、ガラス製造がより容易で安価となり一般化するが、宙吹き技法が中心のボヘミアにとっては脅威であった。そして 19 世紀後半から 20 世紀前半にかけてヨーロッパはアール . ヌーヴォーの時代に入り、ボヘミア . ガラスの黄金期は終焉を迎えることとなるが、その伝統と高い技術は廃れることなく現在にも引き継がれている。

|