« ◆ガラス工房解説 4 【Moser】 | トップページ | ◆ガラス工房解説 6 【Val.St.Lamvart】 »

2007年3月 5日 (月)

◆ガラス工房解説 5 【Fritz Heckert】

Fritz Heckert

1866年に創業、ドイツ(プロシア)、ポーランド.チェコ(ボヘミア)、オーストリア.ハンガリー(ハプスブルグ王朝)の国境地域、シュレジア地方に工房を構える。この地域は13世紀頃から伝統的なヴァルトガラスの一大生産地域であった。しかし時々の勢力によって統治国家が二転三転したこともあり、詳しい資料が少ないガラス工房である。

創業当時は 17、18世紀の様式を模したオールドジャーマンデザインが多く作られていたが、その後アーツ&クラフト運動の影響を受け、カール.ケッピングやツヴィーゼルと共に保守的なドイツガラス産業界をリードしていく。 フリッツヘッカーはキプロスデザイン (エジプト・ペルシャ様式)の装飾を好んで用い、ゴールドギルドに更にエナメルやラスター彩をかける手法を得意としていた。アールヌーヴォー期には1900年のパリ万博で金賞を受賞したことも記録に残っている。
1900年代にはマックス.レイド、ルードリッヒ.ジュッタリーン、ウィリー.マイツェンといった著名なデザイナーを招聘、またアドルフスコープを始めとするベルリン美術学校の教授陣が後を継いだとされる。この頃はカメオガラスにグラヴィール装飾といったアール.ヌーヴォー様式を得意とし、トリノでの第1回国際現代装飾美術展に出展、銀賞を受賞するなど高い評価を得た。
1923年にシュレジアのジョセフ.インヒッテージ社らと合併、戦後もドイツのガラス業界に大きな影響を与えたが、その後工房は閉鎖、現存はしていない。

(SPECIAL THANKS / Gallery Kotetsu in Sapporo)

|

« ◆ガラス工房解説 4 【Moser】 | トップページ | ◆ガラス工房解説 6 【Val.St.Lamvart】 »